超定番!美ら海水族館

沖縄観光に絶対外せない観光スポット

沖縄は、本州と台湾の間に位置し、沖縄本島をはじめ宮古島や石垣島などの大小さまざまな多くの島があり、美しいサンゴ礁と青い海で知られています。沖縄は、ダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツのほか、沖縄の文化や伝統を物語る首里城など数多くの観光スポットがあるので、さまざまな楽しみ方ができるのが魅力なんですよね。

数ある観光スポットの中でも、美ら海水族館は絶対に外せない名所のひとつです。美ら海水族館は、那覇空港から高速道路を利用して車で約2時間ほどの本部半島の海洋博公園内にあります。水族館は、1975年に行なわれた沖縄国際海洋博覧会から引き継がれたもので、2002年にリニューアルして以来、年間を通し数多くの観光客が訪れる人気のスポットとなんです。

美ら海水族館を満喫しよう

美ら海水族館は、沖縄の海を3つのエリアに分けて展示されていて、熱帯魚とサンゴ礁がメインのサンゴ礁への旅からスタートし、さまざまな海底散歩が満喫できるんです。2つ目のエリアとなる黒潮への旅では、世界最大級の水槽のなかで全長8.7mもあるジンベエザメやエイなどの多種多彩な魚が泳ぎ、感動的な光景を目の当たりにでき、最後には深海への旅で、海の底の見たこともない神秘的な生き物を見られます。複数のジンベイザメを飼育しているのは、世界初なんですよね。 ゆったりと黒潮の海を眺めていたいのであれば、水槽の隣にあるカフェを利用するのが良いでしょう。お茶や軽食を味わいながら、思う存分に海中感を満喫できること間違いなしです。また、館内にはそれぞれの特徴を示した案内看板やクイズ形式の展示もあるので、小さなお子さんのいる家族でも十分に楽しめます。

八重山諸島の中でも自然が深いことで有名な西表島のツアー。ぜひ体験しておきたいのが、カヌーやトレッキングなど、ワイルドな西表島の大自然を思いっきり体験できるアクティビティです。

© Copyright Happy To Visit Okinawa. All Rights Reserved.